無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

なんだろうこの気持ち
中村部長
中村部長
そろそろ帰るか……
気づいたらもう夜だった
私
(帰りたくないな。)
中村部長
中村部長
どうかしたか…?
私
あ、いえ何も!
部長ははわざわざ家まで送ってくれた
私
わざわざありがとうございます
中村部長
中村部長
お前変なやつに絡まれそうだからな笑
中村部長
中村部長
んじゃあな。今日はありがとう
部長は歩いていく
私
ぶ、部長!
私
あ、あの部長に会えて良かったです。
私
覚えててくれて嬉しかったです
なんだか泣きそう……
部長は私の方によって
中村部長
中村部長
なんだよ、改まって
中村部長
中村部長
俺もだよ。ありがとう。
私の頭をまた撫でてくる
中村部長
中村部長
また明後日からビシビシいくからな
中村部長
中村部長
覚悟しとけ
私
は、はい!
部長も同じ気持ちだったんだ。会えてよかった。
月曜日
中村部長
中村部長
おはよう
後ろから部長が歩いてきた
私
お、お、お、おはようございま、ます
な、なんでだろう……
上手く話せない
私
(部長はいつも通りだしさ)
--------------------------------
中村部長
中村部長
おいお前今日どうした?
中村部長
中村部長
熱でもあんのか……
深田先輩
深田先輩
〇〇ちゃん今日ミス多いもんね
私
あ、大丈夫です!
私
すみません、
私
気をつけます
私は去っていく
中村部長
中村部長
ならいいが、
深田先輩
深田先輩
部長、なんかしたんですか?
中村部長
中村部長
なんで俺なんだよ
深田先輩
深田先輩
だって〇〇ちゃん部長への態度なんか違いません?
中村部長
中村部長
お、俺は何も……
深田先輩
深田先輩
何かありましたね(¬ω¬)
深田先輩
深田先輩
ちゃんと話した方がいいですよ!
私はお昼に会議室に呼ばれた
私
またなんかしちゃいましたか?
中村部長
中村部長
いや違う
中村部長
中村部長
お前に悪いことしたなって思ってな
私
え?悪いことなんてなにも。
中村部長
中村部長
俺に拒否反応起きてるって深田に言われた
私
ち、違うんです
私
一昨日部長と過ごしてそれで……
中村部長
中村部長
それで?
私
なんかわかんないんですけど
私
うまく、うまくはなせないだけで……
中村部長
中村部長
俺のことは。?
私
嫌ってないです、逆に好きです!
中村部長
中村部長
すき?
私
あーーーちがうんですあの
私
人としてです///
中村部長
中村部長
そんなこと分かってる
中村部長
中村部長
やっぱいい顔だな
部長は頭をかきみだしてくる
私
(:そういうのがドキドキしちゃうんだよ)
中村部長
中村部長
じゃあ解決したことだし……仕事戻れ
私
失礼しました!
私は走って出ていく
中村部長
中村部長
人として好きか。
ふっ、と部長は笑った