無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

わたしのはじめてのひと
私
んーーーーーやっぱ仕事って疲れる
横浜くん
横浜くん
そう言えばおまえ
私
なに?
横浜くん
横浜くん
伊藤先輩がいたぞ
私
うん。知ってる
横浜くん
横浜くん
なんだし。
横浜くん
横浜くん
なんとも思わねぇのかよ
私
少し戸惑いはある
私
だって一応元彼だしね
私
あ!そう言えば週末会いたいって言われてた
横浜くん
横浜くん
会いたい?
私
話したいことがあるって
横浜くん
横浜くん
ほーーーーー
私
なんだろうね
横浜くん
横浜くん
んーお前にまだ未練あるんじゃね
私
まさかー!
横浜くん
横浜くん
お前はなんとも思ってないの?
私
会いたいような会いたくないような気持ち
横浜くん
横浜くん
なんだそれ笑
横浜くん
横浜くん
じゃーな
私
ばいばい
土日は休めるみたいだし、ちゃんと返事しなきゃ
〔LINE〕
私
こんばんわ
私
週末空いてます
伊藤先輩
伊藤先輩
良かった
伊藤先輩
伊藤先輩
じゃあ喫茶オルゴールで※空想の店
私
分かりました
喫茶オルゴール。
そこは先輩とはじめてのデートした所
私の初めてのデート
先輩は私のはじめての彼氏だから先輩としたことは
全部わたしのはじめてだった