無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

いやまた隣かよ。
私
ねぇてかどこまで一緒なわけ
横浜くん
横浜くん
いや俺がそれききたいよ
ずっと歩いてるのにまだ一緒
横浜くん
横浜くん
あの人ってさ独身?
私
恭子さん?
私
独身って言ってたよ!
私
ねぇガチで惚れてんじゃん
横浜くん
横浜くん
惚れてねぇよ!
横浜くん
横浜くん
ただ、すれ違った時
横浜くん
横浜くん
いい匂いして素敵だなって思っただけ
私
恭子さんみたいな女性になりたいなぁ
横浜くん
横浜くん
無理だろ
私
おい!
私
私新入社員1人で心配だったんだけど
私
すぐに声掛けてくれてすごく嬉しかったんだ
横浜くん
横浜くん
へぇお前1人なのか?
私
ホントはもうひとりいたんだけど
私
なんか家の事情で採用取り消したんだって
横浜くん
横浜くん
へー大変だなそりゃ
横浜くん
横浜くん
歳近いやつもいないのか
私
部長の怖さとかでやめた人が多いらしい
横浜くん
横浜くん
そう考えると凄いなお前
私
やっぱ強いかもね私
2人で笑う
横浜くん
横浜くん
あ、俺ここ
私
え、?
私
私こっちのアパート
横浜くん
横浜くん
まじかよ
横浜くん
横浜くん
また隣だな
私
だね
私
あ、恭子さんに言っとこうか?
横浜くん
横浜くん
おいやめろよ
横浜くん
横浜くん
まだ決まったわけじゃ
私
隣だしまた恋会議開こうね!
横浜くん
横浜くん
いいのか。わかい男家に入れて
流星は笑いながら言う
私
だって流星じゃん
私
それに流星の恋を応援したいからな!
横浜くん
横浜くん
だからまだ違うって
私
バイバイ
横浜くん
横浜くん
じゃあな
またお隣さん、