無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

蘇る思い出
中村部長
中村部長
公園……
ぽつりと部長はつぶやく
私
(聞くなら今だよね?)
私
あ、あの……
私
部長ってあの時の……
中村部長
中村部長
普通の滑り方じゃつまんないから
中村部長
中村部長
立ち上がって滑ってみたら
中村部長
中村部長
転んで大泣き
私
えっ
中村部長
中村部長
ブラコンでハイジの真似して
中村部長
中村部長
落ちて大泣き
中村部長
中村部長
自転車乗れるようになって
中村部長
中村部長
自慢げに乗って転んで
中村部長
中村部長
大泣き
急に部長は話だす
話してることは全部6歳の頃の私
私
あ、あのそれって……
部長は私の方を向いて
私の頭をわしゃわしゃとなでる
中村部長
中村部長
大きくなったな、〇〇。
知らず知らずのうちに涙が溢れ出す
私
お、お兄ちゃん…、?
部長は優しい笑顔で私を見る
中村部長
中村部長
なかなか言い出せなくてごめんな
私
😭
部長が私の腕を引っ張り
私は部長に抱きしめられた状態になる
私も気づいたら部長の背中に腕をまわしていた
中村部長
中村部長
17年ぶりか……。
私
は、はい😭
部長は腕を離し
私の肩を掴んで
中村部長
中村部長
もう泣くな。
中村部長
中村部長
相変わらず泣き虫は変わんないな
私
だって……
----------------
涙も収まって部長と話す
私
いつから気づいてたんですか
中村部長
中村部長
最初名前を知って、あれっ?てなり
中村部長
中村部長
初日にぶつかった時にどこか似てるなって思った
中村部長
中村部長
そして部署にお前が来た時、
中村部長
中村部長
確信した。あの時のって。
中村部長
中村部長
まぁだからといって仕事とは別だからな
中村部長
中村部長
いつも通りにしていたら、話すタイミングを逃したってとこだな
私
そうだったんですか……
中村部長
中村部長
〇〇は?
私
私は……
部長にきっかけを話した
私
部長覚えててくれたんですね。私の事
中村部長
中村部長
忘れたことなんてない
私
えっ……
中村部長
中村部長
お前は俺に勇気をくれたからな
私
勇気……?
中村部長
中村部長
受験の時まいにち手紙書いてくれて
私
あ、あれ……
中村部長
中村部長
どんなに挫折した時もあれを見て元気になれた
中村部長
中村部長
感謝してる……
私
ぶ、部長……
部長は立ち上がり鉄棒へ向かう
中村部長
中村部長
そう言えばお前の逆上がりの練習
中村部長
中村部長
付き合わされてたなぁ
私
な、懐かしい!
中村部長
中村部長
あと、ジャングルジムで鬼ごっこ
中村部長
中村部長
あと河原でBBQ
中村部長
中村部長
竹とんぼ作ったとたん、お前川に落としてさ
私
そ、そんなこともあった……
中村部長
中村部長
流星も元気そうでよかった
中村部長
中村部長
あいつ俺より身長でかくなって
私
なんかお父さんみたいな発言ですね
中村部長
中村部長
う、うるさいな
私と部長は笑う
私
あ、あと……
話が止まらない。思い出が蘇る。あの時。
17年前に戻ったみたいに。