無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
26
2018/12/21

第1話

余命宣告
❛○○さんは残り半年も生きれないと思ってください。❜

私は今日いきなり仕事場で倒れた

え?もう余命宣告?

隣でお母さん泣いてるし、

はッ、もう私死んじゃうの?


私結婚したかった。
私ジンくんとの子供ほしかった。
ジンくんともっとお出かけしたかった。

まだやり残したこと沢山あるのに、

倒れたことは言ってるけど

ジンくんにはなんて言えばいいんだろう。




「ジンくんごま油入れすぎだよ 〜 ㅎ」

『美味しいのに!またそんなこと言って!ㅎ』




「ジンくん雪だ!」
『ほんとだぁ 〜 ! 綺麗だね ッ !』








この笑顔をなくしたくない。

じゃあどうすれば 、?






あ、私がジンくんから離れればいいんだよ。