無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

23
2018/12/15

第2話

最後のただいま
私まだジンくんの隣に居たい。

でももう死ぬんだよね。

いつまでもズルズル引きずっててもずっとジンくんから離れられないままになっちゃう。



○○
ねえお母さん、私ジンくんと別れようと思って。
お母さん
どうして?○○はまだ一緒に居たいんじゃないの?
やっぱりお母さんはさすがだ。

私の心を見透かしてる。

○○
最期のとき、お互い辛いかなって思って。
お母さん
そっか、○○が決めなさい。
よし、今日別れを切り出そう。

そう思って、駅でお母さんと別れてバスで家に帰った。

バス停は家のすぐ目の前だからバスが着いた瞬間心臓がきゅぅっとなる。

ジンくんにLINEでもうすぐ家に着くって言ったから多分玄関にいるだろう。

ああ、今日で終わりなんだよな、

泣きそう。 だめだめ、私から別れを切り出すんだ。

そう思って玄関をあける。その瞬間、

ジン
ジン
おかえり、○○☺️ 待ってたよ☺️
ふわっとジンくんの香りに包まれて幸せな気分になる。