無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1 。


メ ー ル が きたことを知らせる バ イ ブ がなった 。




ア プ リ を 開くと 、 ト ー ク の 1番上には “ 勝利 ” の 文字 。


勝 利
勝 利
御 免 。
寝坊 したから 、 先 に 行っといて 。



『 また 寝坊 ? まあ 、 ゆっくり 行っとこ 。 』


外に出ると 、 肌をさすような風が 吹いていた 。


手袋 を するのが 何故か 苦手な私は 、 吐く息で 手を 温めながら 、 ゆっくりと 歩いていた 。


「 御免 !! 」


そう言って 、 信号待ち を していた 私の 右側に 立ったのは 、 寝坊した張本人の 勝利 だった 。


『 ば 〜 か 。 遅い 。 』



私は そう言って 、 冷えきった 手 で 勝利 の 左頬 を 抓った 。


「 あなた ッ 、 いひゃいって ( 痛いって !! 」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

たぴおか。
たぴおか。
ゆるゆる更新 〜 。 今は 、 聡ちゃん が 居ないけど 、 ずーっと Sexy Zone は 5人 だから 。 聡ちゃんが 笑顔で戻ってくるまで 、 待ってます 💭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る