無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

791
2019/02/23

第22話

グク×ジン①




リクエストです!





遅くなりすいません!!!
🔞なしでいきますね……………





グク→🐰




ジン→🐹





_______________________




グクside






俺たち防弾少年団の最年長のキムソクジン。












そして俺の大好きな人。










まだこの気持ちは伝えていない。









まぁ、伝えるつもりはないけど。








でも最近はそうではない。







なぜかって?










僕の中に"嫉妬"という醜い感情が生まれてしまったからだ。







最近、ヒョンはナムヒョンと仲がいい。






今に始まったことではないが、二人が仲良さげに話しているのを見ると嫉妬で気が狂いそうになる。

でも、これ以上に我慢できないことがある。








"それほジミヒョンと仲がいいこと。"






ナムヒョンとはそんなベタベタしないのにジミヒョンとはハグしたりくっついたり…………している。




 

そうやって阻止すべきか考えていると………










リビングにジニヒョンがきた。








🐹)やー、グガーー、何してんの?








🐰)別に、何もないです。








🐹)……? 何か怒ってるのかーー?









🐰)別に、なんもないですよ。








やばい。








感情が押さえられない。








あぁ…………イライラすんな。







ジニヒョンが悪い訳じゃないのに。







🐹)ほんとかー?






そういってジニヒョンは俺の顔を覗きこんだ。









🐰)何もないですって。 早くジミヒョンのところにいったらどーですか。










🐹)は?   どういうことだよ………










🐰)そのまんまの意味ですよ。 俺なんかに構わずジミヒョンのところへ行った方がいいんじゃないんですか?ㅋ








やめろ。








そんなことが言いたいんじゃない。






やめろ。やめろ。やめろ。










🐰)うんざりなんですよ。 もう俺に関わらないでください。








………………………………










やらかした。









もう、俺の恋は終わったな。






はぁ………………………………………







そう思っていると…………








いきなりジニヒョンにソファに押し倒された。









🐰)ウワッ! ちょ、なんですか……












🐹)なんだよッ………………ヒクヒクッ(涙)












🐰)へ?












🐹)なんでッ…………そんなこと言うんだよッ………………(涙)









🐰)………………?












🐹)もーいい。 我慢できないから言うわ。





俺、グガのこと好きなんだよ!(涙) ヒクヒクッ…

恋愛対象として! 

なのに………何で好きな相手にそんなこと言われねぇといけねぇんだよッ……(涙)









🐰)へっ……?






待てよ。






頭が追い付かない。






えっと……………








状況整理すると………




ジニヒョンは俺のことが好きってこと………?




………





















えっ( ・-・)












NEXT





続くよ♥️