無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5 話 前半
主
全部私が考えたものになります
主
ご了承ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私とお兄ちゃんは、昔仲がよかった
善逸
あなた!
お兄ちゃん!
善逸
今日もこれして遊ぼ?
うん!
毎日
とても楽しかった
でも、1つだけ
お母さん
あなた!またやらかしたの!!
い、いえ違います
お母さん
じぁお兄ちゃんがやったとでも??
はい、、
お母さん
お兄ちゃんは、優秀だからそんな事はないの
お母さん
お兄ちゃんと、お前は違う
お母さん
お兄ちゃんは優秀
お母さん
お前はバカ
ズキ
私が1番嫌な言葉だった
お兄ちゃんと比べられること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、お母さんに褒められたかった
だからいっぱい努力した
でも、意味がなかった
お母さん見てこれ頑張ったの!
お母さん
だから?何?
え?
善逸
お母さん!
お母さん
あ、善逸どうしたの?
善逸
見てこれ出来なかったけど頑張った
お母さん
でも、善逸は、頑張ったんでしょう?
お母さん
凄いじぁない!!
善逸
えへへ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
善逸
あなた最近顔色悪いよ?
大丈夫
善逸
ダメだよ
うるさい!
私の努力も分からないくせに
お前なんかお兄ちゃんじぁない
私は、お兄ちゃんに言いたいことをぶちまけてしまった
お兄ちゃんは、私の努力なんか見た事はいくせに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それから
お兄ちゃんとは関わらなくなった
善逸
?!
?!
フイ
善逸
、、、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
すみません
主
最近お話を出せてなくて