無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7 話
【お兄ちゃんと比べられなくなるの?鬼になったら】
あ、れ
泣いてる
なんで?
前までなかったのに
泣く
っていう感情が、、
まぁいいや
かぁーかぁー
任務だ
分かった
上限だ
?!
一人で?
そうだ
早く行こ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
童磨
あれ?
童磨
女の子だ!
童磨
可愛いね
何言ってるか分からない
童磨
結構ザクザク来るんだね
童磨
俺の名前は童磨
私は、鬼殺隊雷柱だ
童磨
柱かぁ
童磨
いいね
ザシュッ
え?
童磨
もう動けないのかなぁ?
【ダメだ早すぎる】
【いや、頑張るんだ】
ねぇ
童磨
どうしたの?
舐めないでくれる?
雷の呼吸 壱の型 霹靂一千
童磨
痛たた
童磨
やっぱ柱だけあるな
童磨
でもまだまだだな
童磨
血鬼術 枯園垂り
【早い早すぎる】
雷の呼吸  漆の型 火雷神
童磨
ふーん
童磨
今まであった中で1番強いよ
童磨
鬼になったら?
鬼?
【なってみたい】
童磨
あれ固まってる
童磨
やっぱりなってみたいと思うのかな
童磨
おーい
童磨
まぁいいか
【お兄ちゃんと比べられなくなるのなら】
【それなら、】
あ、
童磨
血鬼術 凍て曇
【しまった】
ゲホゲホ
童磨
太陽が登って来てる
童磨
食べたいけど
童磨
無理だね
童磨
じぁバイバイ
情けない
上限一体も倒せない
全身痛すぎる
ゲホゲホ
もうダメかも
そう口にして
意識を手放した
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー