無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

70 ファイナル審査






.
ナウン
ナウン
ユラン
ユラン
ユラン
うん?
ナウン
ナウン
安心して
ユラン
ユラン
え?
ナウン
ナウン
リアンよりユランの方が上手いから
ユラン
ユラン
え?どうしたのいきなり
ナウン
ナウン
今日リアンチームの見てから変だった
ナウン
ナウン
最初のkeep in my heartのほうはいつもどうりだったから
ユラン
ユラン
あ、、、、、
ユラン
ユラン
そういうことか、、





するとナウンは優しく微笑んで私にハグしてきた







ナウン
ナウン
明日はただ単にステージを楽しむことを考えてがんばろ
ナウン
ナウン
ステージの上で輝きたいんでしょ?
ユラン
ユラン
…うん
ナウン
ナウン
絶対2人ともデビューするんだから
ユラン
ユラン
うん
ユラン
ユラン
ナウンありがとう!






ナウンの優しさにふれて私の頬に涙が1粒流れていった
















NEXT⇒