無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10
スタッフ
失礼します



スタッフさんが控え室に入って来た瞬間空気が一瞬にして凍った









スタッフ
今から1次選考を始めます
スタッフ
では○○さん、○○さん、○○さん、○○さん、○○さんはこちらの部屋に入っていってください




噂通り5人ずつの審査なんだ












ガチャ__🚪



1番最初の5人が一瞬で帰ってきた


帰ってきたみんなの顔は暗い






ヨジャ
はあぁ
ヨジャ
私途中でとめられちゃった




え、、そんなことまで本当だとは、、、



でも5000人とかもいたらそうなるよね、、


スタッフ
では、次はイ・ユランさん○○さん、○○さん、○○さん、○○さん入ってください




いよいよ私の番だ。




悔いのないように精一杯努めよう















NEXT⇒