無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

59 チーム審査
社長
じゃあ次に私の評価だが…
社長
チームとしてはシアチームには劣るがまとまりがあった
社長
とくに声があっていた
社長
サビの高音の部分をユランが担当していて綺麗にまとめてくれているからだ
ユラン
ユラン
っ…
社長
ユランのサビの高音の部分が今回1番印象に残ったよ
ユラン
ユラン
っ、、ありがとうございます
ユラン
ユラン
グスッ__




ハリンが私の背中をさすってくれた





















_
社長
最後はユナチーム
社長
やっぱりユナの高速ラップが凄かった
社長
〜〜〜〜





社長はユナチームの評価をしそれぞのチームの評価をおえた










スタッフ
いったん切ります


スタッフさんの声でカメラが回るのがおわり審査員と社長が順位をつけるのを控え室で待つ














数十分後





スタッフ
皆さん準備してください



よばれ私たちはまたステージに立つ





社長
お待たせしました
社長
まずグループの順位から発表する
社長
1位は
社長
シアチームだ
シア
シア
ありがとうございます
社長
2位は
社長
ユナチーム
ユナ
ユナ
ありがとうございます
社長
3位は
社長
ユランチームだ
ユラン
ユラン
ありがとうございます
社長
最後はナウンチームだ
社長
グループとしてはどのチームもそれほど差はなかった






、、、ってことは個人は差があるってこと?!











社長
次に個人の順位を発表する
社長
そしてこの順位で上位10人が最後のファイナル審査に進む




10人がいよいよファイナル審査…















社長
では発表する
























NEXT⇒