無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

27





チュンチュン_____









(なまえ)
あなた
ん?
(なまえ)
あなた
もう朝…?










レッスン室の窓から入ってくる太陽の光が眩しい










(なまえ)
あなた
( ゚∀ ゚)ハッ!
(なまえ)
あなた
ダンス審査だ!







ダンスは歌より自信がある












緊張しないように、楽しむようにとずっと心の中で唱えながら会場へ向かった

















ガチャ🚪_____









ユラン
ユラン
おはようございます
ヨジャ






みんなイヤホンをして振り付けの確認などをしている















ユラン
ユラン
💭すごい…これがオーディションの空気










数分後___




スタッフ
みなさん!
スタッフ
ステージに上がってください











パッ🔦






社長
ダンス審査を始めます
社長
では昨日の上位からでまずはナウンさん準備しをしてください
ユラン
ユラン
はい!











私は控え室に戻った







ナウンさんのステージをみたら緊張しちゃうとはわかっているけどどうしても控え室のモニターを見てしまう













ナウンさんが披露していた曲はTWICEの『Fancy』だ










昨日の可愛らしい表情ではなくカッコイイ表情、ダンスで見る人を魅力している
















うわぁすごい…こんなにギャップがあるなんて












社長
ナウン…
社長
昨日とは全く違う魅力を見せてくれた
社長
素晴らしかったよ
ナウン
ナウン
ありがとうございます










私はナウンさんのステージを見て緊張よりも私もあんな風に見る人を魅力させたいと思う気持ちの方が大きくなった

















NEXT⇒