無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

20
スタッフ
ユランさん
スタッフ
準備お願いします
ユラン
ユラン
はい!



私は初めてつけるイヤホンに戸惑ったがスタッフさんの力も借りてなんとか無事につけてれた








緊張するけどステージで歌えることを想像して楽しみにして練習してきたんだから、、、





大丈夫!私はできる!!








スタッフ
では、ユランさん
スタッフ
ステージに上がってください
ユラン
ユラン
はい




そういって私はステージに上がってマイクの前に立ち深呼吸をした













NEXT⇒