無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

58 チーム審査






.
ダンストレーナー
社長が評価を言う前に私の評価を言わしてもらってもいいでしょうか?
社長
ああ、わかった
ダンストレーナー
ありがとうございます
ダンストレーナー
えっと…
ダンストレーナー
レッスンが始まってから1週間
ダンストレーナー
私はこの子達をステージで披露させる気は全くありませんでした。
ダンストレーナー
あまりにも酷くて社長、視聴者に見せるべきものではなかったからです。
ダンストレーナー
ですけど1週間前には彼女たちは前の時とは全然違うオーラを持った人達になっていました
ダンストレーナー
手の繊細な動きなど細かいところまで揃うようになってました
ダンストレーナー
そしてコピーダンスではなく、彼女たちだけの色があるダンスになっていました
ダンストレーナー
私は彼女たちによく頑張りましたと褒めてあげたいです
社長
ほぉ…




うそっ、、、、パクさんが私たちのことをこんな風に思っていたなんて、、、、














しかも褒めてあげたいって、、、、、、










あ、まだ社長からの評価聞いてないのに泣きそう、、、、













横にいるハリンを見るとはハリンの目には涙がたまっていて


ハリン
ハリン
グスッ_


と、泣くのを必死に堪えている声が聞こえてきた
















NEXT⇒