無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

22






社長の顔はいつもと変わらず何を思っているのかが読めない









社長
フゥー
社長
今までこんな大きなステージで歌やダンスを披露したことはあったか?
ユラン
ユラン
いえ、今回が初めてです






そういうと社長は納得したように少し頷き








社長
そうだと思ったよ







えっ…………?






社長
表情が1次審査のときよりもかたかった
社長
多分緊張のせいだろうけどそのせいでダンスも歌も本当の実力より下回ってみえる
社長
ステージの上ではある程度気を抜いていないといけない
社長
でないと、緊張や不安に押しつぶされてしまう
ユラン
ユラン
はい
社長
まあ、このことに気をつけて次に向けて頑張ってくれ
ユラン
ユラン
はい!
ユラン
ユラン
ありがとうございました!!






私は社長にお礼をしてステージから降りた





















NEXT⇒