無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第92話

80






宿舎へ帰り自分の部屋でゆっくりしていると電話が鳴った












誰からの電話だろうと思ってスマホをみるとそこには「アッパ」の文字が…











(なまえ)
あなた
📞もしもし…?
アッパ
📞もしもしあなたか?
(なまえ)
あなた
📞はい
アッパ
📞デビュー決定おめでとう!!
(なまえ)
あなた
📞あ、ありがとうございます
アッパ
📞口出しするなと言われていたけどどうしてもおめでとうと言いたくてな…
(なまえ)
あなた
📞ふふっありがとう
アッパ
📞それでなんだが、
(なまえ)
あなた
📞はい、




きっと偽名のことだろう…









アッパ
📞明日たまたまSYエンターテインメントの社長に会いに行くんだ
アッパ
📞だからそのときに偽名のことについて話を…
(なまえ)
あなた
📞はい…
アッパ
📞大丈夫だ
アッパ
📞社長はきっと偽名を使うことを了承してくれる
(なまえ)
あなた
📞…はい
アッパ
📞ってことで明日10時に社長室にいるからそのときに社長室に入ってきなさい
(なまえ)
あなた
📞わかりました





契約は明日の12時からだからこれでもし了承してもらえなかったら、、デビューが白紙になっちゃうのか…











ダメダメ






お父さんも大丈夫って言ってたし









とりあえず今日はもう疲れたから寝よ










そして私は眠りについた



















NEXT⇒