無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

41


_朝_




今日から3週間後のグループ審査へ向けての練習が事務所で始まる










トレーナーの人たちによって今まで以上の練習ができると思うとワクワクした











私がリビングへ入っていくとそこには朝ごはんの準備をしているハリンがいた




ユラン
ユラン
おはよ〜
ハリン
ハリン
あ、おはようございます!



ハリンと○○は同い年らしく仲良くなったみたいだ




ハリン
ハリン
もうすぐで朝ごはんできるのでまっててくださいね!
ユラン
ユラン
うん!ありがとう!









数分後__







ハリン
ハリン
できました〜!
ユラン
ユラン
おーお!すごい美味しそう
ユラン
ユラン
ハリン料理上手だね






なんて会話をしていると





ガチャ🚪__






語尾にハートつける系ヨジャが入ってきた







ヨジャ2
うわぁすごぉい♡
ヨジャ2
これぇハリンちゃんが作ったのぉ?
ハリン
ハリン
……うん
ヨジャ2
へぇ〜すごいねぇ♡
ヨジャ2
○○尊敬しちゃう〜♡






……昨日と変わらずあのテンション










朝からなんだか疲れた
















ハリンとは上手くやってける気がするけどこの子とはなんだかグループで上手くできる気がしないような、、、、、、









NEXT⇒