無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
(なまえ)
あなた
じゃあ私明日この家出ていくね
アッパ
きゅ、急すぎないか?
(なまえ)
あなた
なるべく早くしたいから
(なまえ)
あなた
あ、5年間はお父さんは私のすることに口を出さないでほしい
アッパ
…わかった
アッパ
なら、最後に家を買ってやろう
(なまえ)
あなた
えっ?
アッパ
どんな家がいいんだ?
(なまえ)
あなた
レッスン室付きの家


私がそう答えるとお父さんはえっ?というような顔をした





そしてなにか言おうとしたがそれを飲み込み



アッパ
わかった、ならソウルの中心部近くのところを今日中におさえておくから
(なまえ)
あなた
うん、ありがとうお父さん








NEXT⇒