無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

65 ファイナル審査


レッスンの日






ファイナル審査の練習を初めてから2週間がたちファイナル審査まであと1週間になろうとしていた
















私のグループの担当トレーナーは前と変わらずパクさんとキムさんだった










ダンストレーナー
はい!今日はここまでよ
ダンストレーナー
お疲れ様
シア
シア
はいありがとうございました!






今回は今までの総合評価でグループ分けをされているため周りのレベルが高くてついて行くのに精一杯だ








しかも前と同じ期間で2曲完成させなければならないからなお大変で毎日レッスンが終わったら宿舎へ帰りすぐベットに倒れ込むというような生活が続いていた













だけど今日はダンスレッスンで指摘されたところがまだ自分の中で直せていない気がして体にも余裕があったため残って練習することにした











いったん自動販売機に水を買いに行きさっきまで使っていた練習室に戻るとStarlightの音楽が流れていた










そしてナウンちゃんが1人で練習していた












ナウンちゃんとは同じチームになってからあんまり話す機会がなくてユナほど仲良くはなってなかった















NEXT⇒