無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

45





オーディションを早く終わらして次の話に進むつもりだったんですが、書くのが楽しくなってきたのでこの話はオーディション編ということにしてその続きの話はこれが終わってから書くことにしたしました!


自分勝手な作者ですいません💦


では、お話へどうぞっ!





_________________________________










歌のトレーナーのキムさんがでていってから練習室は沈黙が流れた









ハリンを見てみると困った顔をしている








ハリンに近づいてみると




ハリン
ハリン
明るく、元気に…
ハリン
ハリン
 그것 애교?それと愛嬌?
ハリン
ハリン
 Hmm, what is 애교?ん、愛嬌って何?



ハリンの頭の上には?マークが浮かんでいる










私はハリンを助けようと




ユラン
ユラン
ハリン?
ハリン
ハリン
あ、ユランオンニ〜



ハリンは笑顔でこちらを向いてきた






ユラン
ユラン
なにか困ったことでもあった?
ハリン
ハリン
 애교가 무엇인가 몰라서…愛嬌がなにかわからなくて…
ユラン
ユラン
あ〜あ!애교愛嬌ね!
ユラン
ユラン
 Hmm, it means to look cute in Englishん〜英語で言うと可愛く見せるってことだよ
ハリン
ハリン
 I see!  It means that you look cuteあ〜!可愛くみせてってことだね!
ユラン
ユラン
Yes!
ハリン
ハリン
ユランオンニありがとうございます!!
ユラン
ユラン
どういたしましてっ!





するとガチャ🚪____






ダンストレーナー
次はダンスのレッスン始めるわよ〜!



そういってとってもスタイルの良いトレーナーが入ってきた


















NEXT⇒