無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

23






ステージから降りた途端私の肩にのっていたと思われるなにか重いものがスッと取れたような気がした
















これが社長の言ってた緊張や不安だということに気づくのにはそう時間はかからなかった


















たしかに1次審査のときに褒められて次も褒められたい、





この曲は昔からずっと聞いてた曲だから絶対成功させなきゃなど強く思っていた____