無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

57 チーム審査











.
ユナ
ユナ
こんにちは〜
ユナ
ユナ
私たちはBOOM
ヨジャ
BAY
ヨジャ
AHチームです!
ユナ
ユナ
よろしくお願いします〜
ヨジャ
よろしくお願いします〜






BOOMBAYAHチームはICYチームとはまた違ったカッコ良さがある







〜🎵





パチパチパチ___




ユナ
ユナ
ありがとうございました
ヨジャ
ありがとうございました













これで4チームとも披露が終わった。









次は社長と審査員の評価だ







私たちは全員ステージにたち1列に並んだ













社長
まずシアチーム
社長
チームのまとまりが1番良かった
社長
これはリーダーシアのおかげだろう
シア
シア
ありがとうございます!











.
社長
次ナウンチームだが…
社長
悪くはなかったんだけど
社長
ナウン…
ナウン
ナウン
はい
社長
歌は良かったんだがダンスが1人でしているときよりもこわばって見えた
社長
1人のときはイキイキしている感じがあったがチームではチームリーダーを任されたプレッシャーからかかたくなっていた
社長
緊張とかからか?
ナウン
ナウン
はい…私が引っ張らないとと思って気が張ってしまって…
社長
今のままで充分だから…次は自信を持って頑張ってください
ナウン
ナウン
はい





ナウンさんは涙目になっていた












ナウンさんと同じチームだった2人がナウンさんの背中をさすり







ヨジャ
ごめんね
ヨジャ
リーダーの負担に気づいてあげられなくて
ナウン
ナウン
ううん…








チームの強い絆が見られた





.
社長
次はユランチーム





社長が私たちのチームの評価を言おうとした瞬間








審査員
社長!
社長
ん?どうかしたかパク







審査員…私たちのダンストレーナーパクさんが止めなにやら話し出した

















NEXT⇒