無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

48


ガチャ🚪__






ハリン
ハリン
あれっ?
ハリン
ハリン
まだ○○来てないね
ユラン
ユラン
ほんとだ…
ユラン
ユラン
なんでだろ?








私たちは○○を待っていた









ハリン
ハリン
オンニ〜!
ハリン
ハリン
連絡とか来てませんか?




私はスマホを開いた









が、連絡は来ていなかった






ユラン
ユラン
来てない…
ハリン
ハリン
そうですか…
ハリン
ハリン
とりあえず2人でします?
ユラン
ユラン
そうだね…









🎵〜





ハリン
ハリン
はぁ…




鏡にうつる私とハリンの表情は暗かった










ユラン
ユラン
ハリン…
ユラン
ユラン
これ2人でやってても意味あるのかな…
ハリン
ハリン
私もそれ思ってました
ハリン
ハリン
チームなんだから一緒に練習しないと意味ないのに…
ユラン
ユラン
うん…




私たちはやるせなくなって宿舎へ帰った




















○○の部屋のドアの隙間から光がもれている









○○は部屋にいるみたいだ









ユラン
ユラン
○○?
ユラン
ユラン
どうして今日の練習こなかったの?




私はドア越しに声を掛けた







ヨジャ2
あぁちょっとぉ体調不良でぇ
ヨジャ2
ごめんなぁさぁい
ユラン
ユラン
そう、体調不良だったのね
ユラン
ユラン
体調不良は仕方ないけど今度から連絡だけでもしてくれる?
ヨジャ2
はぁい



このときの○○の返事はどうでもいい私には関係ないというような返事だった















NEXT⇒