無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

50


次の日 レッスン














レッスンの日には○○もちゃんと来た










ダンストレーナー
おはよう
ダンストレーナー
みんな振り付けは覚えてきた?
ユラン
ユラン
はい!
ダンストレーナー
じゃあ1回通すから見せてくれる?
ユラン
ユラン
わかりました




私は不安な気持ちでいっぱいだったがそれがトレーナーにわからないように精一杯表情管理した











🎵〜







私たち3人で初めて合わした








…鏡にうつる私たちのグループは酷かった









○○は振り付けは覚えていたが3人がバラバラすぎる









ダンストレーナー
はぁ
ダンストレーナー
ダンストレーナー
あなたたち本当にデビューしたいの?
ダンストレーナー
こんなのでデビュー出来ると思ってるの?
ダンストレーナー
そう思ってるならなめすぎね
ダンストレーナー
こんなのだったら披露しないほうがマシだわ




ズキッ___





トレーナーの言葉が胸に突き刺さる










トレーナーの言う通りだ




ダンストレーナー
もう披露まで2週間しかないのよ
ダンストレーナー
気持ち入れ直してしっかりしなさい
ダンストレーナー
今日も教えることがないからこれで終わりよ




そういってトレーナーは練習室を出ていった











練習室の扉が閉まる音が練習室に響きわたった















NEXT⇒