無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第79話

67 ファイナル審査
ナウン
ナウン
そういえばユランちゃんはどうしてアイドルになろうと?
ユラン
ユラン
私はね…
ユラン
ユラン
あのキラキラとしたステージの上で輝いてるアイドルを見て私もあんな風に輝きたいって思ったからかな
ユラン
ユラン
今までは親に自分のことを決められてきていてそれに反抗したことなかったの
ユラン
ユラン
だけど12月に反抗していったん家出てきちゃった
ナウン
ナウン
え?家出てきたの?
ユラン
ユラン
うん。あ、でも5年後には戻る約束をしてるの
ユラン
ユラン
だから私もここでデビューしないとあきらめることになるかもしれない
ナウン
ナウン
そうなんだ
ナウン
ナウン
じゃあ2人とも絶対デビューしなきゃだね!
ユラン
ユラン
うん!









.
ユラン
ユラン
私もこれから一緒に残って練習していってもいいかな?
ナウン
ナウン
うん!もちろん!!
ナウン
ナウン
1人で宿舎帰るの何となく嫌だったから大歓迎だよ
ユラン
ユラン
ありがとっ!




ナウンちゃんは思ってたとおり明るくて話しやすい子で今まで話してこなかったことをちょっとだけ後悔した








けど2人ともデビューしてどんどん仲良くなっていけばいっかとか考える自分もいた









私には完璧にしか見えなかったシアオンニとナウンちゃんにもそれぞれ悩みとか暗い過去があることを知ってなんだか親近感がわいた

















NEXT⇒