無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

66 ファイナル審査
ユラン
ユラン
ナウンちゃん…
ナウン
ナウン
ん?あ、ユランちゃん
ユラン
ユラン
一緒に練習していってもいいかな?
ナウン
ナウン
あ、うん!もちろん!



ナウンちゃんは笑顔でそういってくれた





ユラン
ユラン
もしかして今までずっと残って練習してたの?
ナウン
ナウン
うん
ナウン
ナウン
実は私今回デビューできなかったら親にアイドルはあきらめて練習生辞めなさいって言われてるの
ユラン
ユラン
え?
ナウン
ナウン
私が練習生になったころにヨジャグループをSYエンターテインメントがデビューさせるっていう噂があったの
ナウン
ナウン
それで1回デビュー候補になってデビューまであと一歩ってところまで行ったの
ナウン
ナウン
私とシアオンニ
ナウン
ナウン
だけど、白紙になっちゃて…
ユラン
ユラン
そ、そうなんだ
ナウン
ナウン
それでそのときに1回違う事務所にうつったらって親に言われたんだけどあともう1回デビューのチャンスがくるまで待ってって言って練習生続けてきてたの
ナウン
ナウン
だから今回デビューを逃すわけにはいけない
ナウン
ナウン
なのに、この前評価があんまりよくなかったから練習しなくちゃって思って…ね
ユラン
ユラン
そっか
ユラン
ユラン
そんなことが…
ナウン
ナウン
まあ私は白紙になったのが1回だからまだましだよ
ナウン
ナウン
シアオンニなんて3回なってるし
ユラン
ユラン
え!3回も?




そんなにデビューの話が白紙になるなんて残酷すぎる








またアイドルになるまでの世界の暗さを知った














NEXT⇒