無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

37





控え室から出て玄関へ向かうと玄関にはバスが止まっていた











そう、宿舎までの送迎バスだ











ユラン
ユラン
うわぁすごい
スタッフ
とりあえず同じチームでだいたい集まるように座ってください!






私たちはバスへ乗り込んだ









私が席に着くと









ハリン
ハリン
ユランさんですよね?
ユラン
ユラン
はい!




な、なんだこの鼻が高くて美形な子は









ハリン
ハリン
わ、私ハリンって言いますっ!
ユラン
ユラン
あ、ハリンさん!
ユラン
ユラン
同じチームですよね?
ハリン
ハリン
はいっ!



そういって笑ったハリンさん









なんだこの可愛い子は…



妹みたいな可愛さもあるけどすごく美形でヨーロッパとか白人系の顔をしている









ハリン
ハリン
ユランさんって何lineですか?
ユラン
ユラン
私は97lineですよ!
ユラン
ユラン
ハリンさんは?
ハリン
ハリン
私は99lineです!
ハリン
ハリン
これからユランオンニって呼びますね
ハリン
ハリン
タメで話してくださいっ!
ユラン
ユラン
うん!








とりあえず同じチームの子と話せたことに私は安心した














NEXT⇒