第3話

第三章
キッチン
ツリメ
ツリメ
ごめんね、あなた、
あなた
あなた
ん?なにが?
ツリメ
ツリメ
さっきの...
あなた
あなた
あ、えいちゃんのこと?なんで?
ツリメ
ツリメ
俺が来なきゃよかったかな…?
えいちゃん、多分あなたのこと好きだと思うよ?
あなた
あなた
えー?えいちゃんが...?
そんなわけないよ!だってえいちゃんとなんて
ツリメ
ツリメ
そんなことないよ!
そらちぃ
そらちぃ
なにー?
あなた
あなた
そら!ビックリしたー
そらちぃ
そらちぃ
なになにー?あなたがえいちゃん好きなの?
あなた
あなた
別に?違うから!
リクヲ
リクヲ
へー?そうなんだー
あなた
あなた
りっくんも!?
そらちぃ
そらちぃ
もう、俺ら聞いちゃったもんねー!
あなた
あなた
へ?!
リクヲ
リクヲ
あなた、えいちゃんのこと好きなんでしょ?
あなた
あなた
だから!
そらちぃ
そらちぃ
もう、聞いたって言ってるのにw
あなた
あなた
ふん!もう、だから何!
あなた
あなた
ゆする気でもあんの?
リクヲ
リクヲ
そういうつもりじゃないよ!
応援したいと思って!
エイジ
エイジ
なんの応援?
あなた
あなた
えいちゃん!!
エイジ
エイジ
お、カレーできた?
んで、応援って?
あなた
あなた
カレー出来たよ!
応援は、なんでもないのー!
エイジ
エイジ
そう...?
あなた
あなた
そう!!食べよ?
エイジ
エイジ
あーい
リビング
あなたside
危ない!!バレるとこだったー

そら達にもバレちゃったし、そんなに分かりやすいかな...
もしかしたらえいちゃんにもバレてる!?
あなた
あなた
コソッ
り、りっくん、
リクヲ
リクヲ
ん?
あなた
あなた
あ、あのさ私ってそんなに分かりやすいかな、
リクヲ
リクヲ
結構分かるよ?
あなた
あなた
そっか、ありがと、
リクヲ
リクヲ
うん?もしかしてえいちゃんにバレてると思った?
あなた
あなた
え!なんでわかったの!?
リクヲ
リクヲ
やっぱり。そらに聞いてみなよ!
あなた
あなた
えー、頑張る...
リクヲ
リクヲ
うんw
あなた
あなた
ありがとね!りっくん
リクヲ
リクヲ
いいよー
もしかしたらバレてるかもってこと?

そらにも聞きづらいしなぁ、どうしよ
エイジ
エイジ
あなた?どうしたの?百面相なんかして
あなた
あなた
え?そう?別になんでもないよ?
エイジ
エイジ
ならいいけど
そらちぃ
そらちぃ
えいちゃん、明日の企画ちょっと考えといてね!
エイジ
エイジ
えー?
そらちぃ
そらちぃ
お願いー!
エイジ
エイジ
えー、やだ!
そらちぃ
そらちぃ
えいちゃんー!お願いー!
あなた
あなた
なんで急にえいちゃん?
そらちぃ
そらちぃ
最近えいちゃん企画してないなと思って
あなた
あなた
なるほどね
エイジ
エイジ
うーん、一応考えるけど納得しなかったらなしだから!
そらちぃ
そらちぃ
えー!お願いー!
エイジ
エイジ
考えとく
あなた
あなた
えいちゃん冷たw
エイジ
エイジ
だってそらだよ?
あなた
あなた
そうだねw
そらちぃ
そらちぃ
なんで!
エイジ
エイジ
りっくんとかみっくんとかからならいいけどさぁー
あなた
あなた
あー、分かるわー
そらちぃ
そらちぃ
何それ!分かるって!
リクヲ
リクヲ
もー!ほら、ふふさいそら、うるさい
そらちぃ
そらちぃ
りっくん、口にいっぱい珍しく詰まってんじゃんw
ツリメ
ツリメ
ほれは!?俺は!?
そらちぃ
そらちぃ
はいはい、みっくんもリスみたいww
あなた
あなた
2人ともちゃんと食べてよー
企画じゃないんだからねー?
リクヲ
リクヲ
はーい!
ツリメ
ツリメ
ははった!分かった!