無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

曖昧な高校生活
「あーあ。青春できるかな…」

そう思いながら家を出た


私は 荻野 雛。
今日から高校生。

莉犬くん「おはよー!!」

幼馴染の莉犬くんと同じ高校で少し安心。

雛「莉犬くんおはよー!!」

幼馴染の莉犬くんに恋しないって思っていたけれど…

莉犬くん「どう?!高校楽しみ!?」

雛「うーん、ちょっと心配だったけど莉犬くんと同じ高校なら安心!!」

莉犬くん「実は俺もね、めっちゃ心配だったんだけど雛ちゃんと一緒なら安心!!笑」

雛「また「ちゃん」付けした!!w付けなくていいのに〜!」

莉犬くん「ごめん!幼稚園からの癖が抜けなくて…笑」

雛「笑笑」

いつものように仲良く話していた。

雛「あ!早く行かなきゃ遅刻しちゃう!!莉犬くん行こ!!」

莉犬くん「うわああああ やばい急がないと!!」

走ってやっと高校についた。

雛「はあはあ…」

莉犬くん「疲れたね…」

雛「うん… あ!!クラス表見なきゃ!!」

雛「莉犬くん何組?」

莉犬くん「俺2組!!」

雛「私は〜…2組だ!!」

雛「一緒!!やったー!!!」

莉犬くん「やったね!!」

雛「じゃあ教室上がろ!」

莉犬くん「うん!」

そして教室に着いて、入った

雛「席どこだろ…」

雛「1番左の1番後ろ!」

莉犬くん「俺はどこ?…雛ちゃんの隣!!」

雛「莉犬くんが隣でよかった…!!!」

先生が来て、みんなで隣の人と一緒に自己紹介することになった

先生「じゃあまずは1人席の寺下さんからお願いします」

寺下「寺下でぇす💗よろしくお願いしますぅ🙈」

全員「かわいい〜!」

先生「じゃあ次は荻野さんと莉犬くんお願いします」

莉犬くん「…」

雛「莉犬くん!!自己紹介!!」

莉犬くん「はっ!!うん!!」

莉犬くん「えっと〜…何を言えばいい…んですか…?」

女子A「かわいいw」

雛「莉犬くん!!名前!笑」

莉犬くん「あっ…莉犬って言います!よろしくお願いします…」

女子A「あいつ何莉犬くんと仲良くしてんの 次なんかやったら許さないから」

雛(私なんか言われてる…?)

雛「あ、荻野 雛 って言います!よろしくお願いします」

雛(なんだろう…「あいつ」って私…?)

そんなことを考えながら下を向いていると

莉犬くん「雛ちゃん?大丈夫?席戻ろ!!」

雛「あ、うん」


そして自己紹介が終わって休憩があった

私は、莉犬くんといつも通り話していた。

雛「それでね!莉犬くん!こうやってぶおおおおって!!」

莉犬くん「www 雛ちゃんいつも元気だね!!」

雛「そうかな?笑」

女子グループ「ねえねえ、雛ちゃん 今日の放課後ちょっと残れる?」

雛「あ、うん!」

莉犬くん(なんかあったのかな?)

女子グループ「じゃあ、今日の放課後また。」

雛「うん!…」

莉犬くん「大丈夫?」

雛「ごめんね莉犬くん、今日の放課後残らなきゃいけないから一緒に帰れないかも」

莉犬くん(俺も残る。放課後な。よし)

莉犬くん「ああ…」


□作者から

よく分からなくなってるところもあるかもしれませんがご理解ください(;;)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

て じ 。
て じ 。
お 〜 ぷ ん __🐮 안 녕 ~ " てじ "と 言 い ま す 。🐧 韓 国 だ い す き 🇰🇷💗 歌 い 手 さ ん ♡ す と ぷ り ! ─────────────🎀.* □ 万 端 ❯❯❯❯ ぐ ぅ て て ち む。 □ T W I C E ❯❯❯❯ な よ ん も も つ う ぃ 。 □ M O M O L A N D ❯❯❯❯ あ い ん で い じ ー よ ぬ 。 ─────────────🎀.* =酸素ちゃん's
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る