無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

今日から高2です!
朝からテンション高めなあなたです!!
だって今日から高校二年生!!
新しい出会いを求め校門を通ります…((ガンッ
あなた

痛っ!!((振り返る

ぶつかってきたのはすぐケンカする幼馴染の大貴
大貴
大貴
なんで先に行った?しかも何も言わないで
罰として俺のカバン持って?((謎の圧
あなた

(´口`)ハア-
はい、わかりました…

仕方なく大貴のカバンを持って学校に行こうとしたら
?「あなた?持つから貸して」
裕翔
裕翔
ね?早く
こちらは大貴とは正反対の優しい幼馴染、裕翔
あなた

えっ!?いいよ、私が悪いんだし

裕翔
裕翔
でも、大貴のカバン重いでしょ?
だから、持つよ?
確かに大貴のカバン、何が入ってるか知らないけどめっちゃ重い…
裕翔
裕翔
無理にとは言わないけど((大貴のカバンをとる
無理にとは言わないけどっていいながらも持ってくれる裕翔
あなた

えっ!?大丈夫だよ?

裕翔
裕翔
あなたは1人で頑張りすぎなんだよ
たまには頼って?((ニコッ
なんて優しいんだろう!!流石、モテる人は違う
裕翔
裕翔
ほら、あなた行くよ?
あなた

うん((頷き((ニコッ

こうして高2の学校生活がスタートしました