プリ小説

第29話

補習







そして 、






一夜明け、






補習の日となった









ちょっと行きづらい











午前は何事もなく終わり





とうとう補習の時間になってしまった















ふぅ〜




はぁ〜






きちんと深呼吸して




ドアに手をかけた







あ、と思い








手を離し








身だしなみをチェックして








緊張しまくりで









手が震えた頃










中から














『 あ、更科 ?? 』



突然の声にびっくりして


変な声が出た


〈 ふぁっ 、 あ、 そうでふ 〉





しかも噛んじゃったし









『 ふふっ とっとと入れよ(笑)』










〈 あ、はい! 〉









ーー 個人補習中 ーー






どこわかんねぇの??





ここです





これ解ける?





えっとー、こうですか?






ふふっ、0点だな www









え…えええええええうそぉぉ(笑)








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー












そういえばさ、




と先生が言う






〈 あ、はい! 〉









『 昨日のあれ、何してたの? 』






機嫌悪そうにいう



先生が少し可愛く見えた。






そう思ったのは内緒。








〈 えっとー、隆之介が怪我したので連れて行ったら、 あぁなりました !! 〉








自分でも気づいてないけど




かなりの天然ちゃんらしい







『 ふふっ。 どうなったのよ 』












〈 よく分かりません (笑)〉
































































2分ほど沈黙が続く







そして口を開いたのは






『 なぁ、この前の 逆に嬉しいです って 』











〈 あの、なんでもないんです !! 〉







必死そうに言う







まぁ必死なんですけどね、笑













『 お … 俺は嬉しかったけど… //』






















































〈 え…? 〉








まさか先生が嬉しかったなんて





夢にでも思っていなかった









『 ッッ … 何でもねぇ 』
























〈 それは …………… 良かったです 〉










にこっと





微笑む









それが太陽よりも









眩しくて







逸してしまった








シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Haru
Haru
お気に入り1000!!! ありがとうございます!!❦ "今まで書いた小説一時復活"企画のコメント募集中❗❗ 一時休業中⚠春休みから復活! (フォロワー10人ごとに1話) ↑10人にしました!! 新作、デイリーと 1位ありがとうございます!! はるのお花畑 で ある程度の私の小説は出ます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る