無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
あなたside
学校の外が騒がしくなってて人だかりができてるなぁなんて思ってたら…
心「あなたの彼氏じゃない?」←あなたの友達の心愛
『本当だ!連絡きてたっけ?!』

45分前
りゅーが
今日オフになったから迎えに行くね!



『連絡きてたの気づかなかった笑』
心「早くいきなー!」
『ごめん!またねー!!』
とりあえず走って…
『ごめん!連絡気づがなくって』
佐「俺こそ急にごめんね笑」
『全然!嬉しいよー』
佐「じゃあ帰ろっか!」
『うん!』


こうやって一緒に帰るの久しぶりだなぁ
中学も違ったし、高校も多分違うから毎日一緒に帰ることは多くないけど2人で帰るのが楽しかったりする。
2人でたわいもない話したりねー

佐「それで那須がね!すごい転け方してた笑」

「紫耀くんがすごいかっこよくてね!」
『そーなんだ笑』

『いいなぁ見てみたい!』


りゅーがの話はだいたい那須くんが出てくる笑笑

佐「あっそういえば!」
『ん?』
佐「那須にばれちゃった!」
『なにが?』
佐「俺たちが付き合ってるの!」
『そっか…』
佐「ごめん 嫌だった?」
『全然!いいんだけどさー』
佐「けど?」
『那須くん嫉妬してたかなぁって思って…』
佐「えっそんなこと笑笑」
『うん笑そんなこと笑笑』
佐「それはわかんないけど、今度会わせてって言ってたよ」
『なんて言ったの?』
佐「考えとくって…」
『そうだね。考えとこう笑笑』















































那須くんに会うのはまだまだ先になりそうです笑笑