プリ小説
一覧へ

第12話

12
那須side
今日はジャニーズアイランドでーす!
てか、俺side2回目じゃね笑笑←
てことで、龍我にかまってこようかな笑

『りゅーが!りゅうがの彼女ってこの人?』
龍「那須気持ち悪い」
『どこが!?なんで!?』
龍「普通人の彼女調べたりしないでしょ!」
『だって気になるじゃーん笑笑』
龍「やめて!これからはしないでね!」
『わかったわかった笑』
『で、この人?』
龍「……」
『そんな冷たい目で見ないでよー』
龍「もう知らない。」
『それだけ教えてよー』
龍「いやでーす」
『じゃあ今度会わせてよー』
龍「それもいやー」
『なんでー』
龍「あなたが会いたくないってー」
『りゅうがそんな子と付き合ってるの?』
龍「そんな子ってどういうこと」
『それはその…』
龍「もうこの話は終わり!!」

ちょっとしつこすぎたかも笑
でも意外だなぁ…清楚な子が好きって言ってたのに結構ギャルっぽい子だし
もうわかんない!!

「あっ俺この子知ってるよ!」

ずっとその子を眺めてて近づいてるのに気づかなかった笑笑

『なんで大昇知ってんの?』
大「見たことある!モデルさんだっけ?」
『そうそう』

龍我が聞き耳立ててるし笑

大「ギャル誌のモデルさんだけど意外と清楚な感じだよね」
『そうなの?』
大「一回どっかで見かけたんだよね笑」
『よく覚えてんな笑』
大「すごい人だかりできてたから笑」
浮「なんの話してんのー?」
『この子かわいいねって』
浮「めっちゃスタイルいいじゃん!」

すごい視線が痛い 誰かは察して笑笑

龍「那須!ちょっときて!」

呼び出しくらっちゃったよ笑笑

『なにー?まさか告白!?笑』
龍「ふざけないでっ!」
『だって龍我が教えてくれないからー』
龍「教えたらもうしない?」
『たぶん笑笑』
龍「もう!みんなには絶対言わないでね」
『なんで?』
龍「那須みたいにうるさくなる。」
『たしかに笑笑』
『それでこの子なの?』
龍「うん」
『なんか意外だわ笑』
龍「そう?どこらへんが?」
『ギャルじゃんこの子』
龍「普段は全然違うよ笑」
『会いたいなー』
龍「それは無理」
『なんでー?』
龍「あなたが那須くんかっこいいねって言ってたから…」
『めっちゃいい子じゃん!笑』
龍「さっきまでそんな子とか言ってたじゃん!」

ぷんぷん怒ってるし笑笑

今年は龍我の彼女に会えますように笑笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

りお
りお
🐢更新です。コメントいただけたらうれしい。 お気に入り100で次の小説出します。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る