無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

説得
〜リビング〜
なおきり
なおきり
みんなはあなたちゃんの事
思ってるの?
どぬく
どぬく
思ってますよ!!!
うり
うり
もちろん思ってる!
じゃぱぱ
じゃぱぱ
そりゃぁ思ってるよ
たっつん
たっつん
多分みんな思ってるよ...な?
ゆあん
ゆあん
はい。もちろん!
もふ
もふ
同感です。
ヒロ
ヒロ
当たり前だよ!
シヴァ
シヴァ
思ってるよ!
なおきり
なおきり
思ってるからこそ、あなたちゃんの
言うこと聞いて、あなたちゃんの
願いを叶えたいんだよ...!
ヒロ
ヒロ
だけど、さ、それとこれとは
違うんじゃないかな?
もふ
もふ
もし、仮に1人で行かせたとして、
あなたちゃんに何かあったら、
どうする?
なおきり
なおきり
何かって何...?
ゆあん
ゆあん
まぁ...怪我とか精神に
来るような言葉を言われたとか...?
なおきり
なおきり
っ!...
たっつん
たっつん
嫌なんだろ?本当は...
1人で行かせるの...
だけど、あなたちゃんの願いも
聞いてあげたい。
たっつん
たっつん
そうなんだろ?
なおきり
なおきり
そう...だけど...
うり
うり
俺は、あなたを1人で
行かせたくない。あなたが
1人で行こうとしてもついて行く。
シヴァ
シヴァ
俺もうりと同じ。
心配なんだよ。みんな。
だからこそ怪我もさせたくないし...
じゃぱぱ
じゃぱぱ
多分なお兄以外みんな
あなたちゃんについて行くと思うけど
なお兄はどうする?
なおきり
なおきり
...考えとく
どぬく
どぬく
僕は、なお兄の事信じてるから...!
タッタッタッ
のあ
のあ
すいません...あなたちゃん
開けてくれませんでした...
えと
えと
多分自分のせいだって思ってる...
るな
るな
それに、今は1人にさせてって...
じゃぱぱ
じゃぱぱ
そっか...
タッタッタッ
ゆあん
ゆあん
(ん?なんか音する...?)
ガチャ
ゆあん
ゆあん
(ドアの音?...っ!?もしかして)
ゆあん
ゆあん
ねぇ!みんな!多分今
あなたちゃん出ていった...
からぴち(ゆあん以外)「え?」
ゆあん
ゆあん
今、階段降りてくる音した。
それにドア開く音も
じゃぱぱ
じゃぱぱ
まじか...早く行こ!
もふ
もふ
だね
女子軍と、なおきり以外ドアに向かう
その時
じゃぱぱだけ、外に出なかった。
そして、リビングに戻ってきて
じゃぱぱ
じゃぱぱ
なお兄。あなたちゃんを
守りたいなら来て。俺達は
なお兄を信じてるから。
なおきり
なおきり
っ!...じゃぱぱ...
ガチャ
のあ
のあ
なおきりさん...