無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

お出かけ【⠀どぬく編⠀】
〜日曜日の朝〜
どぬく
どぬく
あ、あそこ!あそこ!
お店の方を指さす
春川(なまえ)
春川あなた
んー?見たこと無いお店だー
どぬく
どぬく
そうなの?
春川(なまえ)
春川あなた
うん!
どぬく
どぬく
あそこに昨日選んでくれた
服が売ってるんだよー!
※ちゃんと服選びました。
ごく普通の服です。
春川(なまえ)
春川あなた
あ、そうなんですか!
どぬく
どぬく
それもあそこに、カフェあるから、
お昼の変わりにあそこで食べてこ!
春川(なまえ)
春川あなた
うん!おっけーだよ!
2人はお店に入る
春川(なまえ)
春川あなた
わぁ!凄い!めっちゃ綺麗!
どぬく
どぬく
でしょ!ここ僕のお気に入りのお店!
どぬく
どぬく
僕あなたちゃんの服予約
してるから、取りに行こっか!
春川(なまえ)
春川あなた
うん!ありがとね!
受付まで楽しくお話をして歩きました
どぬく
どぬく
すいませんー!
店員「はーい」
どぬく
どぬく
あの、予約してたどぬくです!
店員「はーい!どぬく様ですね〜」
そう言って、店員は予約してた服を
持ってくる
店員「14500円になりまーす!」
春川(なまえ)
春川あなた
(やっぱり服高いなー)
あなたは、自分の財布から
今まで貯めてきたお金を出そうとする
その瞬間にどぬくがお金を出した
どぬく
どぬく
はい!ピッタリです!
春川(なまえ)
春川あなた
え?どぬくさん?
どぬく
どぬく
いーの!僕が買いたかったから!
春川(なまえ)
春川あなた
そ、そうですか?
どぬく
どぬく
うん!
春川(なまえ)
春川あなた
あ、ありがとうございます!
どぬく
どぬく
いえいえー
店員「ありがとうございましたー!」
2人は買い物してから、カフェへ向かう
どぬく
どぬく
ほら!そこのオシャレなお店が
今から行くカフェだよー!
春川(なまえ)
春川あなた
おぉ!綺麗!
ガラガラ
2人はカフェに入る
店員「いらっしゃいませー!2名様で
よろしかったでしょうか?」
どぬく
どぬく
はい!
店員「お席ご案内しますねー!」
どぬく
どぬく
ありがとうございます!
案内されたのは、外の綺麗な景色が
見える窓際の2人席だった
春川(なまえ)
春川あなた
す、凄い...!!!
元々あなたは綺麗なものが好きなので
見とれてしまっていた。
どぬく
どぬく
...ちゃん?あいちゃん?
春川(なまえ)
春川あなた
は、は、はぁい!
どぬく
どぬく
大丈夫?
春川(なまえ)
春川あなた
あ、はい!外の景色が綺麗
だったので!
どぬく
どぬく
あなたちゃんの方が綺麗だけど...
春川(なまえ)
春川あなた
ん?どぬくさんなんか言いました?
どぬく
どぬく
いや!なんでもない!
2人は会話をしながら、食べ物を注文した
店員「お待たせしましたー!
超大盛りかき氷でございます!」
どぬく
どぬく
ありがとうございます!
店員「こちらのかき氷、カップルだと
割引にさせてもらっているんですけど、
お客様カップルですよね?」
春川(なまえ)
春川あなた
あ、いや、そんなn...
どぬく
どぬく
あ、はい!カップルです!
あなたが違うと言いきろうとした時
どぬくがそうだと言った
店員「それじゃ、割引にさせてもらいます!」
どぬく
どぬく
お願いします!
春川(なまえ)
春川あなた
どぬくさん?
どぬく
どぬく
あ、ごめんね!
春川(なまえ)
春川あなた
いや、大丈夫なんですけど、
なんで嘘ついたんですか?
どぬく
どぬく
あの、安くなるのもあるけど、
何より、あなたちゃんが彼女って
いうのが嬉しかったんだ...
春川(なまえ)
春川あなた
...
春川(なまえ)
春川あなた
ボフッ(えぇぇぇぇ!?///嘘だ!
ちょっと!えぇ?(困惑))
※顔面真っ赤です
どぬく
どぬく
あ、ごめんね?
春川(なまえ)
春川あなた
だ、大丈夫です!
どぬく
どぬく
食べよっか?
春川(なまえ)
春川あなた
はい...
2人は1つのかき氷をパクパク食べていきました
無くなる直前まで来たその時
どぬく
どぬく
あなたちゃん...
春川(なまえ)
春川あなた
はい!
どぬく
どぬく
俺さ、あなたちゃんの事好きなんだ
春川(なまえ)
春川あなた
ふぇ?
どぬく
どぬく
って俺おかしいね!w今の忘れて!
春川(なまえ)
春川あなた
...は、はい
どぬく
どぬく
(僕の気持ち伝わりきらなかった...)
春川(なまえ)
春川あなた
(落ち着け、落ち着け)
その後2人は気まずくなったが、
帰り道はいつも通り、楽しく会話して
帰って行った。