無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#それSnowManは出来ますか(らう
らうーる
らうーる
タメ口訊いてた僕〜、とにかく見て欲しかった
隣で過ごした時間 何故か距離を感じたよぉー
ベッドの上僕1人忘れられないあなたの香り
ハイヒールを履いた君は、もう届かない場所にいて微笑みだけを残すから。
大嫌い、大好き僕分からないよ。
もしもあなたのそばに寄り添う光があっても見ないふりして愛させて。バイバイは、言わない。あと少し…
ハイヒールを履いた君は、もう届かない場所にいて微笑みだけを残すから。
大嫌い、大好き、僕分からないよ。
もしもあなたのそばに寄り添う光があっても
見ないふりして愛させて。
バイバイは、言わないもう二度と
阿部
阿部
あー!いい声!