無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
9
2020/08/30

第3話

お母さんとコン助について
【夜野ツキノ】
・あなたのお母さん。

・常にマイペースで優しい。
家族全員彼女が怒ったところを
見た事がない。

・仕事は町の病院で看護師をしている。
夜勤もあるので
夜は家にいないこともある。

・夫のブンジロウからプロポーズの時に
婚約指輪ならぬ、
婚約メダルを贈られた。

・とにかく運が良い。
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
【コンスケ
・正式名称『ア・ブラーゲ』
全国でおなじみの神様である
お稲荷さんの使い、
白狐がモチーフのメダロット。
両腕の刃に燈す狐火は五穀豊穣をもたらす吉兆。
※メダロットSから引用※

・メダロッターを亡くし、1人旅をしていた。

・名前は前のメダロッターが名付けたもの。

・主人亡き後、
その息子夫婦に引き取られたが
二人が自分を
処分しようとしていた事を知り、
逃げ出し自ら野良メダロットとなった。

・普通の人には見えないモノが見える。

・起動してからの期間は
シザーとビービーより長い上に、
目覚めたのは
あなたが生まれるよりもずっと前。
故に兄弟の中では一番年上になる。
しかし、子どもらしいのと
おとなしい性格の為に
末っ子ということになっている。
(本人もそれを喜んでいる)

・あなたの事を「お姉ちゃん」、
シザーとビービーを「お兄ちゃん」と呼ぶ。

・両腕パーツに付いてる刀は
家族と生活していると
危ないのでブンジロウに頼んで
外してもらっている。
(一応メダロッチからパーツ転送すれば
何時でも使える様にはなっている)

・現在は
ツキノのメダロットとして登録されている。