無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

第24話
3ヶ月後…

天堂先生は患者さんの手術、七瀬はその手術の介助を主任と一緒に担当しています。
天堂浬
天堂浬
血圧測って
天堂七瀬
天堂七瀬
はい!…問題ないです。
天堂浬
天堂浬
呼吸状態確認して。
天堂七瀬
天堂七瀬
はい!…アッ
バタっ

七瀬は介助中にも関わらず倒れてしまったのだ。
主任
主任
勇者、大丈夫!?
天堂七瀬
天堂七瀬
…ウッ
天堂浬
天堂浬
七瀬!?
運悪く、手術室には七瀬と天堂先生と主任しかいなかった。
さらに、手術を見学してる人もいなかった。
天堂先生は七瀬を助けたかったが、手術の手は止められなかった。
主任
主任
勇者!
天堂七瀬
天堂七瀬
天堂浬
天堂浬
…七瀬を仮眠室に連れて行ってください!
主任
主任
でも、介助は?
天堂浬
天堂浬
1人でも出来ます。
主任
主任
わかりました。すぐ戻ってきます。
七瀬は主任に仮眠室に連れて行かれた。
来生先生
来生先生
あれ?勇者?
主任
主任
すみません、来生先生。診ててもらっても良いですか?
来生先生
来生先生
あ、はい…
天堂七瀬
天堂七瀬
その頃の天堂先生はというと…
天堂浬
天堂浬
呼吸状態確認して…あ、1人。
自分で患者さんの呼吸状態を確認する天堂先生。
天堂浬
天堂浬
酸素増やして…あ、1人。
自分で患者さんの酸素の量を増やしに行く天堂先生。
天堂浬
天堂浬
面倒くさいな…七瀬、大丈夫かな…
主任
主任
すみません、天堂先生っ…遅くなりました…
天堂浬
天堂浬
七瀬は!?
主任
主任
来生先生に診てもらってます。
天堂浬
天堂浬
良かった…
主任
主任
早く終わらせましょ!
天堂浬
天堂浬
はい!
七瀬が倒れてしまったことによって、手術は予定の半分の時間で終わった。

次は、七瀬が何で倒れてしまったのかです!
見てね〜
主任
主任
恐るべし、勇者パワー…
来生先生
来生先生
手術が予定の半分で終わるだなんて…
酒井結華
酒井結華
あり得ないです…