無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

第30話
一緒に家を出て仕事に向かっている天堂先生と七瀬。
天堂七瀬
天堂七瀬
じゃあ、行ったらすぐに来生先生に言ってもらって良いですか?
天堂浬
天堂浬
わかった。
天堂七瀬
天堂七瀬
ありがとうございます!
来生先生
来生先生
よっ!勇者と天堂っ!
天堂七瀬
天堂七瀬
あーっ!来生先生!
来生先生
来生先生
なになに!?お邪魔だった?…先行くね!
天堂七瀬
天堂七瀬
ストップー!
来生先生
来生先生
えっ!?
天堂浬
天堂浬
七瀬が妊娠4ヶ月だった。
来生先生
来生先生
やっぱり!?おめでとう!
天堂七瀬
天堂七瀬
ありがとうございます!
天堂浬
天堂浬
それで、みんなには言わないで欲しいんだ。
来生先生
来生先生
何で何で!?大丈夫なの?
天堂七瀬
天堂七瀬
迷惑かけてしまうと悪いので…内緒にしておいてもらっても良いですか?
来生先生
来生先生
…わかった!辛くなったらいつでも言ってね!
天堂七瀬
天堂七瀬
ありがとうございます…来生先生!
来生先生
来生先生
健康に気をつけてね!
天堂七瀬
天堂七瀬
はいっ!
七瀬の妊娠を知っているのは、来生先生と天堂先生と七瀬だけということになった。

次は病院のミーティングのシーンです!
見てね〜