無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

第38話
来生先生が酸素吸入の電池バージョンのやつ(←実際にあるかわからないのでご了承をw)を持ってきた時、酒井さんが泣いてたが、そこに天堂先生がいた。
来生先生
来生先生
さ、酒井さん…天堂!?
酒井結華
酒井結華
ゆ、勇者がっ!早く酸素のやつ、つけて下さい!
何があったかと言うと…
天堂七瀬
天堂七瀬
ハァハァハァ…苦しい…
酒井結華
酒井結華
吸ってー、吐いてー…
天堂七瀬
天堂七瀬
苦しい…もう…ダメかも…ハァハァハァ…
酒井結華
酒井結華
勇者っ!頑張って!
天堂七瀬
天堂七瀬
ずっと…溺れてる…みたいで…ハァハァハァ…
それもそのはずで、来生先生が勇者のことを見つけてからすでに5分、来生先生が見つけるまで3分、つまり合計8分、過呼吸の状態なのだ。
天堂七瀬
天堂七瀬
ハァハァハァ…酒井さん…は…優しくて…大好き…だから…これからも…ハァハァハァ…
酒井結華
酒井結華
勇者っ…グスン
天堂七瀬
天堂七瀬
いままで…ありがとう…ハァ…
勇者は心肺停止になってしまった。
酒井結華
酒井結華
来生先生っ!主任!来生先生ーーー!
酒井さんが大声で助けを求めていると…
天堂浬
天堂浬
七瀬っ!?
酒井結華
酒井結華
天堂先生っ!勇者が過呼吸で…!
天堂浬
天堂浬
呼吸…してないじゃないか!
天堂先生が現れたのである。
次も見てね〜