無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

第33話
この日、天堂先生と手術、七瀬は緊急の患者の対応をしていた。
救急救命士
救急救命士
救急です!
酒井結華
酒井結華
はいっ!
天堂七瀬
天堂七瀬
はいっ!
救急救命士
救急救命士
喘息による呼吸困難です!
来生先生
来生先生
バイタルチェック!気道確保!酸素吸入!
酒井結華
酒井結華
はいっ!
天堂七瀬
天堂七瀬
はいっ!
何とかその患者の命を救うことが出来た。



七瀬がナースステーションに戻ると、主任がいた。
天堂七瀬
天堂七瀬
はぁー…疲れた…!
主任
主任
最近疲れが酷そうだけど、何かあった?
天堂七瀬
天堂七瀬
あ。いえ…!何でもないです…
主任
主任
こないだだって、ミーティング中に気持ち悪そうにして、天堂先生と一緒にトイレに駆け込んでたじゃない…?
天堂七瀬
天堂七瀬
あ…疲労だと思います…!最近寝不足なので…アハハ
主任
主任
私は家族がいるの。勇者が隠してることもわかってるから、言ってみて!
天堂七瀬
天堂七瀬
実は…妊娠しました…!
主任
主任
そうなの!?おめでとう!!
天堂七瀬
天堂七瀬
でも、みんなには言わないで下さい!
主任
主任
何で隠してるの?
天堂七瀬
天堂七瀬
私のせいでみんなに迷惑かけちゃうので…
主任
主任
そんなことないと思うよ?
天堂七瀬
天堂七瀬
えっ!?
主任
主任
確かに支えたり気遣わなきゃって思うかもしれないけど、隠されてる方が病気かなって心配しちゃうと思うよ?
天堂七瀬
天堂七瀬
そうでしょうか…
主任
主任
明日のミーティングで、みんなに報告してみる?
天堂七瀬
天堂七瀬
そうします!なんか…気持ちが楽になりました!
主任
主任
良かった!
天堂七瀬
天堂七瀬
ありがとうございます…!
主任
主任
健康に気をつけてね!
天堂七瀬
天堂七瀬
はいっ!
次は、次の日のミーティングの様子を書きます!
見てね〜