無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

第8話
ナースステーションに一緒にやってきた来生先生と七瀬。
酒井結華
酒井結華
やっぱり、噂は本当だったんだ…
沼津幸人
沼津幸人
酒井さん、だから言うたやろ?
酒井結華
酒井結華
…来生先生…もう良いです!グスン
天堂七瀬
天堂七瀬
え、なになに?どうしたの?
来生先生
来生先生
何?噂って
主任
主任
勇者ちゃん、ロビーでハグするくらい余裕あるなら、午前中から来てね。
来生先生もダメですよ!
天堂七瀬
天堂七瀬
え?
来生先生
来生先生
え?
天堂浬
天堂浬
は?
天堂七瀬
天堂七瀬
何のことですか?
天堂浬
天堂浬
お前ら、ハグしたのか?
来生先生
来生先生
してないけど…
主任
主任
とりあえず、お昼休憩!解散!
天堂浬
天堂浬
七瀬!昼飯食うぞ!
来生先生
来生先生
(小声で)勇者、言った方が良いよ!頑張って!
天堂七瀬
天堂七瀬
あー、頑張ります…
2人は病院の中庭のベンチにやって来た。
天堂浬
天堂浬
そういえば、倒れていたようだが、体調はどうなんだ?
天堂七瀬
天堂七瀬
あ。実は、にん…じんが嫌いなんですよね!アハハ
天堂浬
天堂浬
おう、そうなのか?
天堂七瀬
天堂七瀬
アハハアハハ
天堂浬
天堂浬
っておい!この俺が騙されるとでも思うか?
天堂七瀬
天堂七瀬
えっ!?
天堂浬
天堂浬
隠してることがあるなら言えよ?
天堂先生はこっちを見てくる。
あー、やっぱり王子!…って思ってる暇ないんだった!
天堂七瀬
天堂七瀬
あ。実は…(今度こそ言え!私は勇者!)
バタッ。

先生の声が遠くで聞こえる。
だんだん意識が遠のいていった。
七瀬は報告することが出来るのでしょうか…