無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

第42話
天堂先生は、七瀬と赤ちゃんのどちらを選ぶのか。


しばらくして…
医師
医師
どうされますか?
天堂浬
天堂浬
もちろん七瀬を優先します。
医師
医師
わかりました。意識が戻らなかった場合、七瀬さんを救う方向性で検討します。
天堂浬
天堂浬
お願いします。
天堂先生は七瀬を選んだ。


そして、七瀬の細くなってしまった手を天堂先生の大きい両手で握る。
天堂浬
天堂浬
いい加減起きろ…厄介岩石…
天堂浬
天堂浬
いつまで寝てんだよ…
その時…握っていた手がピクッと動いた。


さらにもう一度動いた。
天堂浬
天堂浬
七瀬!?
天堂七瀬
天堂七瀬
…え?
天堂浬
天堂浬
わかるか?
天堂七瀬
天堂七瀬
先生…シクシク
天堂浬
天堂浬
お前が階段から転げ落ちて、倒れて過呼吸になっているところを来生が見つけたんだ。
天堂七瀬
天堂七瀬
来生先生…
天堂浬
天堂浬
でも来生だけじゃなくて、主任と酒井も一緒に探してたらしいぞ。
天堂七瀬
天堂七瀬
皆さんまで…!
天堂浬
天堂浬
いつも七瀬のように大声を出さない酒井が、凄い大声で叫んでたんだ。
天堂七瀬
天堂七瀬
酒井さんが!?
天堂浬
天堂浬
七瀬と初めて出会ったときのこと、思い出しちゃったよ!w
天堂七瀬
天堂七瀬
アハハハ…あ…お腹の子は…?
天堂浬
天堂浬
多分無事だ。
天堂七瀬
天堂七瀬
た、多分!?
天堂浬
天堂浬
七瀬は一時、呼吸が止まったからな…
医師
医師
あれ?七瀬さん!
天堂浬
天堂浬
今、意識が戻って話していました。
医師
医師
良かったです!
天堂浬
天堂浬
記憶は問題ないので、脳に影響はなかったものかと思います。
医師
医師
本当に良かったです!
無事に意識が戻った七瀬。
赤ちゃんは無事なのか!?

見てね〜