無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

こんなの。
ぼく。
うん。こんなの。
ぼく。
だって、吹き出しにするの
面倒だったからぁ!!!!
ぼく。
このまま持ってきたのぉ!!!!