無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

今では
芽音
芽音
あっ、んぁ!
やめっ!けんとっ!!
健人
健人
ハァハァ...!やめろって顔してないけど?(ニヤッ)
芽音
芽音
いやっ!んぁ!
やぁ!奥...だめぇ!!
んぁ!い、イクッ!!
健人
健人
早くイけよ!
(奥を突く)
芽音
芽音
ぁ、んあぁ!!!(イク)
健人
健人
あれ?もうイったの?
芽音
芽音
も、もぅ、やめっ!
今...いったばっか、んぁ!
健人
健人
まだ俺イってねーから
あ、ここ弱いんだっけ?(ニヤッ)
芽音
芽音
そこっ!だめぇ!!
やだ、すぐイっちゃう!!
らめぇ!
健人
健人
ほら、イけよ
芽音
芽音
一緒に、ぁん!イきたい、ん!
健人
健人
いいよ?じゃあ、激しくするよ?
芽音
芽音
ぁん!んぁ!
健人
健人
(激しく突く)
芽音
芽音
私...もぅ、イクッ!
健人
健人
俺も...っ!イクッ!
ドピュドピュ
芽音
芽音
んん!!(イク)
健人
健人
ハァハァ...
芽音
芽音
気持ち...よかった?
健人
健人
うん(ニコッ)
芽音
芽音
なら、よかった...ハァハァ
健人
健人
また、よろしくね?笑
芽音
芽音
は、はい
気持ちよかった...

性処理なんて、嫌だけど、
私の身体はみんなを求めてる