前の話
一覧へ
次の話

第18話

18
547
2024/03/25 12:34
Ryuto_
10分くらい電車に揺られてやってきた赤ちゃん専門店。

店内には赤ちゃんのお洋服やグッズがたくさんあって、少しテンションが上がった。

二度と来ることないと思ってた場所だから余計に。

この時ばかりは小さくなったみずっこんに感謝した。
涼「やっべーテンション上がってる」
龍「俺も。すっごいうずうずしてる」
涼「どーする?どこから見る?」
龍「とりあえず1周したいよね」
涼「じゃあ奥から攻めよ」
龍「うん」
なんでワクワクしながら俺らは奥から服をテキトーに決めて、試着室でみずっこんに何着も着せた。

これがもう似合いすぎて決められない。

たまに海賊っぽいのだったり王子様っぽいのだったり、コスプレみたいな服があってそれも着せてみた。

面白半分で女の子のお洋服を着せてみたり。

これがもうすっごい似合いすぎて思わず連写した。

みずっこんはご機嫌ななめだったけど気にしない。

さすがに買いはしなかったけど。

撮った写真を全部がりさんと優斗に送り付けると秒で既読がついて、文章でわかるくらいに悔しがってた。
涼「やっべいっぱい買っちゃった」
龍「んね笑 まぁいいんじゃない。こんな経験きっとこの先ないだろうし」
涼「そうだね。瑞稀〜貴重な経験させてくれてありがとな〜笑」
龍「ありがと〜」
なんて言って頭を撫でるとみずっこんはふいってそっぽを向いた。

これが照れ隠しなんだなって思うと愛おしくて愛おしくて仕方なくて、俺は少し強くぎゅって抱きしめた。

プリ小説オーディオドラマ