無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

2度目
私はあれから何日間か勇斗の所へ行けなくなった。
1週間後

私は1人で病院へ行った。

トイレを通り掛かった。

勇斗
勇斗
よっ!あなた
勇斗はトイレから出てきたところだった。
久しぶり
勇斗
勇斗
なんで来なかったんだよ
いやーそれは…ちょっと
勇斗
勇斗
まぁーいいよ
今日来てくれたし
そのまま病室へと向かった。
病室へ入る直前
勇斗
勇斗
頭痛い
えっ!
バタンっ!
そのまま勇斗は倒れてしまった。
勇斗!勇斗!
看護師
どうしました?
勇斗が倒れて
医者
勇斗君?
なんか急に頭痛いって言って倒れちゃって
医者
やっぱり来たか…
えっ!
医者
倒れた時にどう倒れた?
頭から…
医者
まずいな
医者
急いでベッドを用意して
オペ室に運んで
看護師
はい!
医者
あっ!それと
お母さんに連絡しといて
看護師
はい!
(なんで)
(なんでまた倒れちゃったの?)
そのままオペが開始された。