無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出会い
親同士が元々仲が良く小学校からずっと一緒だった。小学校の6年間勇斗とはほとんど同じクラス。悩みがあってもいつも相談に乗ってくれるのは親ではなく、勇斗だった。
涙涙涙涙涙涙涙涙
勇斗
勇斗
あなたどうしたー?なんかあったか?
新しいクラスで上手くいってなくて…
勇斗
勇斗
そうかー。実は俺も。(笑)
えっ!
勇斗
勇斗
新しいクラスって不安ばっかりだよなー。
どんな悩み?
勇斗
勇斗
1つ目は先生が嫌。
2つ目はみんな頭良すぎ。笑笑笑笑
(○゚ε゚○)プッ!!
何それ!
勇斗
勇斗
あっ!
それともうひとつ。
勇斗
勇斗
あなたと同じクラスじゃなかったこと。
笑笑笑笑笑笑笑笑
何それ!私もだよ。勇斗!
勇斗
勇斗
良かった。
あなた笑ってくれた。
こんな会話がほぼ毎年のようにあった。


そして小学校生活の6年間を終えた。
卒業式🌸
勇斗ーーー!
卒業おめでとう🎊
勇斗
勇斗
あなた、お前もな!
おめでとう🎊
ありがとー
勇斗
勇斗
中学校頑張ろう
うん

いよいよ中学校。
勇斗と同じクラスだったらいいなー